[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

とんぼ玉(泡玉)

20091130073637_convert_20091202005500.jpg

ネオジウムの泡玉を、ぽこぽこ作っています。

ラムネとか、シュワシュワとか、
とっても爽やかで美味しいモノに見えるみたい。

「ぶどうのサイダーみたいだね。」と言われたので、

ころん♪ころん♪と水の中に沈めてみました。

普通のお水です。炭酸は入っていないよ♪
冬だけど、涼やか(笑)。


いつか旅立つ日が来るのかな。
一部、福岡へ旅立ちました。(2009/12/30追記)
一部、滋賀へ旅立ちました。(2010/08/18追記)
一部、兵庫へ旅立ちました。(2010/08/18追記)
一部、西東京へ旅立ちました。(2010/09/21追記)
スポンサーサイト

Pagetop

[Edit]

とんぼ玉(泡玉)

20091127075140_convert_20091202005401.jpg

昨日、徐冷をしていたとんぼ玉。

光の加減によってピンクにもブルーにも見える、
不思議な透きガラス【ネオジウム】という色を使用しています。

他の色と混ぜ合わせてしまうと割れやすいという、
不思議だけれども、残念な特徴があるので、

ネオジウムのみでアレヤコレや。

今回は泡々を入れてみました。
泡が大きいと、その分、ガラスも割れやすくなります。

けれども、黙々と無地玉だけを作るのは、なんとなく淋しい。

「おへそ」に入り込む光の具合も、
上下2色に見える光の具合も、全部偶然。

偶然は予想以上の楽しい♪を運んできてくれます(笑)。


いつか旅立つ日が来るのかな。
横浜へ旅立ちました。(2010/04/25追記)

Pagetop

[Edit]

とんぼ玉

DSC013850_convert_20091116233021.jpg

久しぶりにバーナーの前に座りました。
いつの間にか、数ヶ月ぶり。

すっかり感覚を忘れていました(笑)。

何事も継続は力也。
美は1日してならず。

ただいま徐冷中。

感覚を忘れきらないうちに、また最初から頑張ります♪
出来上がりがドキドキです。

Pagetop

[Edit]

とんぼ玉(動物玉)

DSC00003_convert_20091116234251.jpg

動物玉の大きさってどのくらいなんだろう?

いろいろ画像を探してみたけれど、
この画像ならっ! ・・・ちっとも分かんないよね(笑)。

今度、動物玉を作るときには、なにかとの比較画像も撮っておきます♪

このカエルさんたちは、本物のアマガエルさんと・・・同じくらい?
(なんて分かりにくい例えなんだろう/笑)

串団子2個分よりは小さいです♪
(これも分かりにくい?/笑)


カエルさんを作り始めたきっかけは、
役所広司さん初監督映画【ガマの油】でした♪

Pagetop

[Edit]

とんぼ玉(動物玉)

DSC00002_convert_20091116234124.jpg

黄色いカエルさん♪

ちょっと写真映りが悪いけど、
どうしてこれが、なかなかカワイイんです(笑)。

コッチ↓の方が、なんとなく雰囲気は伝わるかな?

d5ac2c18_640_convert_20091122053833.jpg

うぅ~ん、なかなか黄色の表情が上手に写せません(汗)。

動物玉も一つ一つ作るたびに、表情が変わります。
この時は、ちょっと白目部分も作ってみました。
変わっていくから楽しかったりして♪

大きな瞳に、とぼけた表情は、共通しているみたい(笑)。


西東京へ旅立ちました。

Pagetop

[Edit]

とんぼ玉(動物玉)

DSC01536_convert_20091116233831.jpg

カエルさんです。

みどりの体に、ピンクのほっぺ♪
くるりんとつぶらな瞳の、かわいいカエルさん♪

動物玉って、まんまるとんぼ玉よりも、
ちょっとしたバランスとアイディアが大切だと思うの。

だって、最初に作ったカエルさんは、
・・・、笑う準備は大丈夫(笑)?

↓コチラで~す(笑)♪

DSC00001_convert_20091116234014.jpg

超爆笑。大爆笑。

鼻の下も長ければ、「へ」の字口。
つぶらな瞳は銀化して輝き、360度からにらみを利かせます。

宇宙人を超えた、まさに謎の生物(笑)。

シンドイ時も、彼を見れば大丈夫。
ぷぷぷ~。と笑って、いつの間にか癒してくれちゃうの♪

ツボにはまれば呼吸困難になるくらい笑っちゃうこと、間違いなし!

通っているとんぼ玉教室のブログにも登場させてもらいました。
ありがとうございます♪

すっかり人気者の、通称「ドン」♪

動物玉を作る楽しみと一緒に、新しいことを学ぶ楽しみと、
オンリーワンの大切さを、あらためて気付かせてくれたカエルさんたちです♪


2匹とも練習玉のため、オウチにて保管。

Pagetop

[Edit]

とんぼ玉

DSC00897_convert_20091116232645.jpg

短期教室に通い始めてから、3回目の講習での練習玉。

初めて「銀箔」を使うことに、ドキドキ・わくわくで、
プチトマトよりも大きなとんぼ玉が出来上がりました。

重たい。重たい(笑)。

さすがに「銀箔」や「金箔」を使うと、一気に「和」度数が上がりますね。
“Wow! Japanese glass beads!!”みたいな(笑)。

練習玉は自分記録のためにも、手元に残し続けています。


オウチにて保管。

Pagetop

[Edit]

とんぼ玉の「おへそ」

DSC01416_convert_20091116233219.jpg

“「おへそ」って、なぁに?”って聞かれました。
本当だ。ずっと、「おへそ」、「おへそ」って連呼している(笑)。

とんぼ玉の「おへそ」って、「玉の穴がなめらかに入っている」状態なんですね。

キレイに入っていれば、出来上がってからケガをさせてしまうこともないし、
穴に通した紐やチェーンを傷つけることもないし、とんぼ玉自体も壊れにくくなる。

何より見た目が美しい♪
触っていてもキモチイイ(笑)♪

「美へそ。」

基本中の基本と言われているけれど、自分のコンディションも分かっちゃう。

とっても大切な美のファクターだと思うんです♪


モンゴルへ旅立ちました。(右側)
関内へ旅立ちました。(左側)

Pagetop

[Edit]

とんぼ玉(変形)

DSC00816_convert_20091110222706.jpg

とんぼ玉の「おへそ」が大切なものだと知ってから、
キレイな「おへそ」作りに四苦八苦する日々が待っていました。

「おへそ」作りが、こんなに大切で、
こんなに大変だと思わなかったよぉ~、みたいな(笑)。

もちろん、失敗玉もゴロゴロ出来てきます。
時には、予想外にステキな失敗玉も♪

このとんぼ玉も、きっとその中のヒトツ(笑)。

「まんまるおへそ」じゃ、ないけれど、
「まんまるとんぼ玉」じゃ、ないけれど、

ちょっとかっこいいんじゃないの?とか思っちゃう♪

もしかしたら失敗も成功も、ワタシや身に付けてくれるヒト次第なのかもね。


いつか旅立つ日が来るのかな。

Pagetop

[Edit]

とんぼ玉

DSC00778_convert_20091110222523.jpg

短期教室に通い始めてから、2回目の講習での練習玉。

初めて「おへそ」の存在を知り、初めて「中心をとる」大切さを知り、
文様を作るのに、いろいろな技術や道具があることを知り始めた頃です。

練習玉は自分記録のためにも、手元に残し続けています。


オウチにて保管。

Pagetop


黒ねこ時計

プロフィール

ベタ惚れ屋

Author:ベタ惚れ屋
『男性にも女性にも似合う』
そんなガラスを溶かしていきたいな。と思っています。

最新記事

Translation(自動翻訳)

「小倉百人一首」

問い合わせ先

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。