[Edit]

とんぼ玉



ひさしぶりに青系のとんぼ玉を作ったような気がします。
(そんなことはありませんでした/笑)

流星のように、深い海の流れのように、
大小の泡と、濃淡の青が、渦巻いています。


ブログを始めて1年が過ぎました。

いつも応援してくださる方々、
好きだ。と言ってくださる方々、

本当にココロから有難うございます。

【ベタ惚れ屋】まだまだ精進いたします。
今後とも、どうぞお楽しみください。

Pagetop

[Edit]

とんぼ玉



今までで一番大きなサイズのとんぼ玉です。
きれいに仕上がりました。

ガラスの中で渦巻いているのは、銀と泡のきらめき。

こんな風景の朝が来たら、きっといつまでも空を眺めていそう。


上海へ旅立ちました。(2010/12/25追記)

Pagetop

[Edit]

とんぼ玉



紫のグラデーションの中に、泡と銀を閉じ込めています。

銀は一部はガラスの中へ、一部はガラスの表面に、
自由気ままにキラキラしています。

透きガラスの魅力を残したまま、
泡や銀のきらめきが、一層、映えますように♪


千葉へ旅立ちました。(2010/12/29追記)

Pagetop

[Edit]

とんぼ玉



ちょっと遊んでみました。

透け透けミドリカエルの胴体は、別にちゃんと作っています。
思いつきだけで、こんな姿にしてしまってゴメンね(笑)。

20101122085642_convert_20101122133304.jpg

思いつきだけで、透け透けミドリカエルの胴体になっていたとんぼ玉はコチラ。

二種類の緑色の透きガラスを使っています。
地玉に近いほうには、見えないくらいの白いラインも。

梅香藻のように、
緑色にたゆたう水の流れを、

またしても、つかまえたいと思っています♪

Pagetop

[Edit]

とんぼ玉



銀を使わずに、グラデーションと泡で作っています。

前回よりも、ほんの少しグラデーションを斜めにして、
ほんの少し紫の色味を強くして。

ほんの少しの違いの繰り返しが、
意外に受ける印象を大きく変えたりして。

突き詰めれば、きっと終わりのない楽しさなのです。


岩手へ旅立ちました。(2010/12/12追記)

Pagetop

[Edit]

とんぼ玉



紫からピンクのグラデーションの中に、
くりくり作った銀練り棒で、細かい銀を散らしてみました。

きらめく銀と、透明な泡の交差のどこかに、
奇跡的な黄金率がありそうな。

そんな予感がしています。


岩手へ旅立ちました。(2010/12/12追記)

Pagetop

[Edit]

とんぼ玉



青に青を重ねて、間に挟んだのは銀の箔です。
表現したいのは抽象的で曖昧なものかもしれません。

けれども、うつくしくあってほしいと想うのです。

Pagetop

[Edit]

とんぼ玉



いつもより一回り大きな径で作っています。

薄いピンクの中に渦巻くのは、赤。
のめり込みそうなくらい、

20101117080722_convert_20101117093202.jpg

赤と赤を重ねて、

アベンチュリンがキラキラ輝きます。


岩手へ旅立ちました。(2010/12/12追記)

Pagetop

[Edit]

とんぼ玉



いつもより一回り大きな径で作っています。

冷めてしまえば動くことのないガラスに、
動いているカタチのないナニカの瞬間を捉えたい。

そんなワガママを、追いかけてます♪


岩手へ旅立ちました。(2010/12/12追記)

Pagetop

[Edit]

とんぼ玉



雲母の粉を、
ガラスの中で輝かせようとしています。

この小さくて、細かなキラキラが、
また新しい可能性を見せてくれるんじゃないか。

そんな期待を抱きながら♪

Pagetop


黒ねこ時計

プロフィール

ベタ惚れ屋

Author:ベタ惚れ屋
『男性にも女性にも似合う』
そんなガラスを溶かしていきたいな。と思っています。

最新記事

Translation(自動翻訳)

「小倉百人一首」

問い合わせ先

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター