• 201709 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
  • » 201711

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

とんぼ玉



「赤い眼球メノウ(天眼)」のようだ、と言っていただきました。

海でも、空でも、炎でも、空気でも、
カタチのないものを、ガラスの中に閉じ込めてみたいのです。

たとえ地中深くの鉱物でも。

Pagetop

Trackback

Comment

マグマとも(笑)
泡がいいんだよね。
ベタ惚れさんの玉は。

生き物の息吹のような、
沸騰のような。

青いシリーズも、大海の旅をさせていただいたけど、
赤いシリーズは、地球の深淵をのぞかせて
もらってるみたいでv-22
鮮やかな赤は、
そうですね♪

マグマのように、
絶え間なく、ガラスの中で動きます♪

形として留められないモノを、
ガラスを媒体にして、留めたいと想う気持ちが、

きっと私のとんぼ玉における表現なんだと想います♪
  • 2010-09-25│12:21 |
  • ベタ惚れ屋 URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret

Pagetop


黒ねこ時計

プロフィール

ベタ惚れ屋

Author:ベタ惚れ屋
『男性にも女性にも似合う』
そんなガラスを溶かしていきたいな。と思っています。

最新記事

Translation(自動翻訳)

「小倉百人一首」

問い合わせ先

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。