• 201703 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
  • » 201705

[Edit]

とんぼ玉



「朝焼け」は、「夜明け」の次にやってきます。

透明の青とピンクの組み合わせ。

キラキラ光りながら、
刻々と変わっていく空の色をつかまえようとしています。

朝一番の清んだ空気も、そのままつかまえられますように♪

Pagetop

Trackback

Comment

春はあけぼの。
-やうやう白くなりゆく山ぎは、すこしあかりて紫だちたる雲のほそくたなびきたる-

このとんぼ玉をみて、枕草子のこの一節を思い浮かべました。
いつの時代も綺麗なものはやっぱり綺麗なんやなぁ…としみじみ。
  • 2010-11-06│12:17 |
  • コジー URL│
  • [edit]
私も好きな一節です。
彼女の流れるように詠う、書き出しの言の葉は、
本当にわたしたちのココロを、さらり、さらり、さらってくれますよね。

そんな風に誰かのココロをさらってみたいと想っていました。

感謝です。

きっとそんな優しい快感が愛おしくて、
わたしはきっと表現することを止められないんでしょうね。

わたしにとっても悦楽。


-夏は、夜。月のころはさらなり、-
  • 2010-11-10│22:41 |
  • ベタ惚れ屋 URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret

Pagetop


黒ねこ時計

プロフィール

ベタ惚れ屋

Author:ベタ惚れ屋
『男性にも女性にも似合う』
そんなガラスを溶かしていきたいな。と思っています。

最新記事

Translation(自動翻訳)

「小倉百人一首」

問い合わせ先

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター